栃木県の温泉について

北関東に位置する栃木県には、
日本でも湯数の温泉が多く湧き出る地域の一つです。
北西部の日光市にある日光温泉や鬼怒川温泉、
県北の那須町にある那須湯本温泉、
南東部に益子町にある益子温泉など、
様々な地域に名湯がたくさんあります。
各温泉地によって、泉質が異なるので、
違いを楽しむ温泉地めぐりも人気があります。

【栃木県の主な温泉地】
栃木県は大きく分けて、県北、県央、県南の3つの地域に分けられます。
※地域分けは、様々な見解があります

 

▼栃木県北の地域
那須塩原市、さくら市、那須町 など指します。

馬頭温泉(那須郡那珂川町)
那須温泉(那須郡那須町・那須塩原市)
塩原温泉(那須塩原市)
板室温泉(那須塩原市)
喜連川温泉(さくら市)
高根沢温泉(塩谷郡高根沢町)

 

▼栃木県央の地域(南東部含む)
宇都宮市、益子町、日光市 などを指します。

上河内温泉(宇都宮市)
益子温泉(芳賀郡益子町)
川治温泉(日光市)
湯西川温泉(日光市)
川俣温泉(日光市)
日光温泉(日光市)
奥日光湯元温泉(日光市)
鬼怒川温泉(日光市)
中禅寺温泉(日光市)

 

▼栃木県南の地域
小山市、栃木市、佐野市、足利市などを指します。

佐野市には「赤見温泉」「東山温泉」「田沼温泉」などがあり、
また、足利市の大沼田町や、栃木市の市柏倉町、小山市の喜沢の各旅館やホテルでも
温泉を楽しむことができます。

 

いかがでしょうか?
主に挙げているだけでも、これだけの名湯ぞろいです。
歴史的な観光スポットが多い県北や県央、
それに、比較的新しい観光地が多い県南まで、
栃木県には、良質な温泉がたくさんありますので、
ぜひ足を運んでみてください。