上河内温泉(宇都宮市)

今は宇都宮市と合併した旧上河内町にある温泉。
旧上河内町は、羽黒山神社で行われる「梵天祭り」が有名で、
約300年の長い歴史がある伝統的なお祭りです。

 

【住所】
栃木県宇都宮市

 

【上河内温泉の泉質について】
48.3度のアルカリ性低張性高温泉で、神経痛や筋肉痛、
関節のこわばりや、五十肩、慢性皮膚病に良いと言われています。

 

【上河内温泉へのアクセス】
車:東北自動車道「上河内サービスエリア スマートI.C.」
電車:JR宇都宮駅より、バス

 

【近くの観光スポット】
宇都宮美術館
宇都宮市制100周年を記念して建てられた美術館です。

うつのみや妖精ミュージアム
日本での妖精研究の第一人者といわれている井村氏からの
妖精の資料が寄贈され開館しました。

大谷資料館
地下30メートルの大谷石地下採掘場跡が見られます。
震災後休業していましたが、2年ぶりに再開しました。

夫婦杉
二本の幹が、根で一つになっています。
推定樹齢450年といわれ、人々の信仰を集めている杉木です。

道の駅うつのみや ろまんちっく村
自然を楽しんだり、地元食材を食べたり、
地元の野菜などを買える道の駅。

 

【その他参考サイト】
ほたるの里 梵天の湯

宇都宮観光コンベンション協会